セブ島(ボホール島)天気 台風21号発生

↓シェアする↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

台風21号2016

Yahoo! (天気・災害)台風情報

台風21号発生 (2016年10月14日)

熱帯低気圧から台風へと発達した台風21号発生!

今回はフィリピン・ルソン島を横断するコースで

しかも首都マニラ付近が予想される進路にあたり

今後、十分な注意と警戒が必要です。

2016年10月14日10時30分発表 台風第21号は、14日9時にはフィリピンの東にあって、西へ毎時15kmで進んでいます。中心気圧は990hPa、中心付近の最大風速は25m/sです。この台風は、16日9時にはフィリピンに達し、17日9時には南シナ海に達するでしょう。台風周辺海域および進路にあたる海域は、しけとなるため警戒が必要です。

台風21号
名称 SARIKA(サリカー)
大きさ
強さ
存在地域 フィリピンの東
中心位置 北緯13度40分
東経126度25分
進行方向 西
速さ 20km/h
中心気圧 990hPa
最大風速 中心付近で25m/s
最大瞬間風速 35m/s
暴風域
(25m/s以上)
強風域
(15m/s以上)
北側280km
南側170km

【安全対策情報】在フィリピン日本国大使館

台風21号(アジア名:サリカー)がルソン島中部に上陸する可能性があるため注意喚起します。

フィリピンにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ
在フィリピン日本国大使館

10月14日9時現在,台風21号(アジア名「サリカー」。フィリピン名は「KAREN」がフィリピン東方沖をゆっくりと西へ進んでいます。

日本の気象庁の予報によれば,同台風は今後勢力を強め, 15日午前9時には中心気圧970hPa,最大瞬間風速50m/sと強い台風に発達し,今週末にかけてビサヤ地方北部海上を進みルソン島中部に上陸する可能性があります。
このため,台風の進路上にある海域及びその周辺地域では,強風や大雨のみならず,ところによっては洪水・土砂崩れ,高潮の発生等の被害や各種交通機関の混乱等も予想されます。

つきましては,フィリピンに渡航・滞在を予定されている方及び既に滞在中の方は,下記の関連ウェブサイトを参考に最新の気象情報等関連情報の収集に努め,状況に応じて渡航・滞在または外出を控える,あるいは渡航の日程・移動経路又は訪問地を変更する等,災害や事故に巻き込まれないよう安全確保に努めてください。

台風の影響に伴い,各種交通機関(特に航空機や船)の混乱も予想されますので,ご利用の予定がある場合には,最新の運行状況を利用交通機関に確認することをお勧めします。
フィリピンに既に滞在中の方,特に,台風が通過する地域にお住まいの方は,下記の諸点に留意し,災害被害を避けるための準備や行動などに留意し,十分な安全対策を速やかに講じるようにしてください。

【上陸前の備え】

(1)報道及び関係機関から最新の情報を収集する。
(2)停電に備え,懐中電灯,ライター,ろうそく,携帯ラジオ,予備の電池等を準備するとともに,1~2週間分の飲料水・食料を確保・備蓄する。
(3)避難することも想定し,旅券,現金,雨具,携行用の水,食料等を準備し,いつでも持ち出せるようにしておく。
(4)強風で飛ばされそうなものは,屋内に移す又は固定する。
(5)避難場所や避難コースを確認しておく。
(6)家族等に緊急連絡方法や避難場所の確認を行う。
(7)沿岸部に居住・滞在の場合は高潮の発生にも注意し,あらかじめ安全な内陸部への避難を検討する。

【上陸以降の対応】

(8)報道及び関係機関から最新の情報を収集する。
(9)外出は控える。
(10)現地当局からの避難勧告や指示に従う。また,避難後に最寄りの日本大使館または領事事務所へ連絡する。
(11)台風通過後も地盤のゆるみに伴う土砂崩れ等の二次災害にも十分注意する。
(12)被害が発生している地域においては,略奪等の治安悪化の可能性にも十分注意する。
(13)被災地では,インフラの破壊(電気や水など),物資供給不足,各交通機関の乱れ,電話等通信網の断絶等が発生しているおそれがあるため,被災地を訪れる場合には,情報収集を行いつつ慎重に検討する。

《 参考ウェブサイト 》

日本気象庁(台風情報) : http://www.jma.go.jp/jp/typh/
フィリピン気象庁(PAGASA): http://www.pagasa.dost.gov.ph/
フィリピン国家災害リスク削減管理委員会(NDRRMC): http://www.ndrrmc.gov.ph/

万一災害に巻き込まれた場合は,現地の気象当局等が発表する警報等にしたがって安全確保に努めるとともに,日本の留守家族,最寄りの日本大使館または領事事務所(下記連絡先参照)までご連絡ください。
(連絡先)
○在フィリピン日本国大使館
住所:2627 Roxas Boulevard, Pasay City, Metro Manila, 1300, Philippines
電話(代表): (63-2) 551-5710
(63-2) 551-5786(邦人援護ホットライン直通)
FAX(代表) : (63-2) 551-5780
ホームページ: http://www.ph.emb-japan.go.jp/index_japanese_version.htm

○在セブ領事事務所
住所:7F, Keppel Center, Samar Loop cor. Cardinal Rosales Avenue, Cebu Business Park, Cebu City, Philippines
電話: (63-32) 231-7321
FAX : (63-32) 231-6843

○在ダバオ領事事務所
住所:Suite B305 3F, Plaza de Luisa Complex, 140 R. Magsaysay Ave., Davao City 8000, Philippines
電話: (63-82) 221-3100
FAX : (63-82) 221-2176

※「たびレジ」簡易登録された方でメールの配信を停止したい方は,以下のURLから停止手続きをお願い致します。URL: https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

セブ島雨の日の移動もお任せ! エイエスASレンタカー

地元ドライバー付きでガソリン代も込みの

安心・安全・快適・便利なレンタカーが人気です!

詳しくは 空港出迎え

詳しくは 時間貸しレンタカー

現地格安オプショナルツアーは

アリサトラベル&ASレンタカー

おすすめ オプショナルツアー

↓シェアする↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

↓フォローする↓