セブ島ジンベイザメで有名なオスロブ町とスミロン島を含むテロ注意喚起

↓シェアする↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

スミロン島_mini

フィリピンでは、度々テロに関する注意喚起が出ていたが

セブ島より遠く南の島ミンダナオや首都のマニラが多かった。

しかし今回はセブ島(南部)で外国人を狙った拉致誘拐が

テロ組織アブサヤフにより計画されているとのこと・・・

アメリカ発の情報なので重大な内容を察知したと思われます。

上記により、現在セブ島南部へのご案内を中止しております。

皆様にはご理解の程、どうぞよろしくお願い致します。

在フィリピン米国大使館はセブ島南部に対し誘拐への注意喚起

フィリピンにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ
在フィリピン日本国大使館

なお,本情報は,同居家族の方にも共有していただくと共に,同居家族の方が本メールを受信していない場合は,在留届へのメールアドレスの登録,または当館メールマガジンに登録をお願いします。
在留届( http://www.ph.emb-japan.go.jp/visiting/consular_j/zairyu.htm
メールマガジン登録( https://www.mailmz.emb-japan.go.jp/cmd/ph.html  )

1 3日,在フィリピン米国大使館は,スミロン島を含むセブ島南部において,テロリストによる拉致の恐れがあるとして,在留米国人に対し,これらの地域への渡航を控え,十分注意するよう注意喚起を発出しました。
●Security Message for U.S. Citizens: Risk of Kidnapping in Southern Cebu
https://ph.usembassy.gov/security-message-u-s-citizens-risk-kidnapping-southern-cebu/

2 10月28日に当館より発出した注意喚起のとおり,ミンダナオ島及びその周辺海域では,アブサヤフグループ(ASG)が活動しており,昨年9月にはダバオ州サマル島において外国人を含め数人が拉致されているため,引き続き警戒する必要があります。

3 フィリピンに滞在中の皆様におかれては,今回の在フィリピン米国大使館の注意喚起も踏まえ,テロ,誘拐等の不測の事態に巻き込まれることのないよう,特にテロの標的となりやすい場所(モスク等宗教関連施設,政府・軍・警察関係施設,欧米関連施設,公共交通機関,観光施設,デパートや市場等不特定多数が集まる場所等)を訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる等,安全確保に十分注意を払ってください。

(連絡先)
○在フィリピン日本国大使館
住所:2627 Roxas Boulevard, Pasay City, Metro Manila, 1300, Philippines
電話(代表): (63-2) 551-5710
(63-2) 551-5786(邦人援護ホットライン直通)
FAX(代表) : (63-2) 551-5780
ホームページ: http://www.ph.emb-japan.go.jp/index_japanese_version.htm

○在セブ領事事務所
住所:7F, Keppel Center, Samar Loop cor. Cardinal Rosales Avenue, Cebu Business Park, Cebu City, Philippines
電話: (63-32) 231-7321
FAX : (63-32) 231-6843

○在ダバオ領事事務所
住所:Suite B305 3F, Plaza de Luisa Complex, 140 R. Magsaysay Ave., Davao City 8000, Philippines
電話: (63-82) 221-3100
FAX : (63-82) 221-2176

セブ島の移動で困ったら、夜間も安心 エイエスASレンタカー

地元ドライバー付きでガソリン代も込みの

安心・安全・快適・便利なレンタカーが人気です!

詳しくは 空港出迎え

詳しくは 時間貸しレンタカー

現地格安オプショナルツアーは

アリサトラベル&ASレンタカー

おすすめ オプショナルツアー

↓シェアする↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

↓フォローする↓