セブ観光復興計画はオランゴ島に注目!

↓シェアする↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フィリピン・セブ市 – ラプラプ市政府は、観光産業の復活を目指し、オランゴ島にスポットライトを当てるキャンペーンを計画している。

セブ・マクタン島ラプラプ市の市長ジュナード’アホン’チャンは7月25日(土)に、同市が同島の観光事業を再開するための復興計画を展開することを発表した。

これらの中で、チャンは言った、#ExploreOlangoと呼ばれる観光地としてオランゴ島を促進するキャンペーンだった。

『ラプラプ・ラプ市観光文化歴史問題委員会が準備した復興計画によって行われる観光産業の再開を目撃しよう!その一環として#ExploreOlangoと呼ばれるキャンペーンが行われます。』とチャンは言った。

オランゴ島はマクタン島の東約5kmに位置し、その一部はラプラプ市の領有地でした。

Lapu to launch #ExploreOlango campaign

1,028ヘクタールのオランゴ島野生生物保護区(OWS)では渡り鳥がよく目撃されるため、自然愛好家やバードウォッチャーに人気のスポットとなっています。

一方、チャン氏はまた、セブアノ人に地元の観光をサポートすることを奨励した。

『私はまた、この業界で働いている人たちを助けることができるように、世界クラスと考えられている私たちの地元の観光地をサポートするために皆を奨励します。』と彼は付け加えた。

世界渡り鳥の日(WMBD)は、5月の第2週末ごとに祝われています。

これに伴い、環境天然資源省(DENR)は、取引や狩猟から渡り鳥を保護するための支援を一般市民に促した。

World Migratory Birds Day: Olango Island vital stop of migratory birds

これらの渡り鳥の保護は、特にセブ島ラプラプ市の1,028ヘクタールのオランゴ島野生生物保護区(OWS)や、渡り鳥保護区として指定されている他の地域で必要とされている。

DENR-7は、「飛来地の渡り鳥と観光」をテーマに、生物多様性における渡り鳥の重要性についての認識を高めることを目的に、このイベントを開催しています。

“OIWSはフィリピンで初めての水鳥にとって国際的に重要な湿地であり、これまでに国内で発見された渡り鳥の最大の集中をサポートしている」とDENR-7地域事務局長のイザベロ・モンテホ氏は述べた。

とDENR-7地域事務局長のイザベロ・モンテホ氏は述べた。「OIWSには約97種の鳥類が生息しており、そのうち48種が渡り鳥であり、残りは島に住む鳥類である。

聖域に記録されている鳥の中には、以下のものがあります。中国白鷺、小鷺、小サギ、灰色チドリ、ケンティッシュチドリ、大砂チドリ、極東コチドリ、ユーラシアコチドリ、ウインブレル、バーテールゴッドウィット、コモンアカシギ、コモンアオアシシギ、コモンシギ、コモンシギ、テレクシギ、オジロシジュウカラ。

記録されている他の鳥の種は以下の通りです。その他の鳥類としては、アカアシシギ、コガネムシクイ、コガネムシクイ、シジュウカラシギ、カモメアジサシ、ヒゲアジサシ、カワセミ、ホオジロカワセミ、ツバメ、ツバメ、コガネムシクイ、コガネムシクイ、コガネムシクイ、コガネムシクイ、モズ、ヒヨドリなどが記録されています。

本日の祝賀会には、学生、DENR関係者、人々の団体のメンバー、民間人、その他の関係者など70名以上の参加者がOWSを訪れます。

渡り鳥の重要性や渡り鳥の歴史についてのレクチャーも行われる予定です。

“この祝賀会を通じて、私たちDENR-7は、この国を訪れる渡り鳥の保護と保全の必要性を強調したいと考えています。地域社会は鳥類が生態系の不可欠な部分を担っていることを学ぶべきであり、人間は鳥類の存在を保護するために協力すべきである」とモンテホ氏は述べた。

その他の活動としては、渡り鳥の識別、海岸の清掃、マングローブツアー、そして4人のボランティアが参加するその場でのペインティングなどがあります。

これらの絵は、その後、OWSに寄付され、その自然センター内に展示される予定です。

9月から11月にかけて、中国、ロシア、アラスカで繁殖した数千羽のヒヨドリが南下します。彼らはフィリピンのオランゴ島などの鳥類保護区に移動し、東アジア・オーストラリア・フライウェイ(East Asian-Australasian Flyway)に沿って、さらに南下してオーストラリアやニュージーランドに移動します。

冬が終わるとすぐに3月から5月にかけて、シギは北上して移動を始め、何千羽ものシギが北半球の繁殖地に向かう途中でオランゴ島を通過します。
2006年に始まったこの祝賀会は、渡り鳥とその生息地の保護の必要性を強調するために毎年行われている意識向上キャンペーンである、とモンテホ氏は述べています。

スポンサーリンク

↓シェアする↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

↓フォローする↓