マクタン島治安 | セブ島観光ボホール島遊び
セブ島へ行ってなにして遊ぼう?

迷っている方は、お見逃しなく!

詳細はこちら

マクタン島治安

セブ島

セブ島治安2019(10月11月12月)日本人被害例

注目すべきはセブITパークやセブビジネスパークと言った比較的治安が良いと言われるエリアでの犯罪が増えている点。みな油断しているエリアだけに、今後はより一層の注意が必要とされる。その他、セブで唯一安心して過ごせるはずのモール内へ武装した強盗が客で賑わう夕方に侵入するという衝撃の事件発生!
未分類

フィリピン治安 睡眠薬強盗の手口とは

【ポイント】 フィリピンのマニラ首都圏では,睡眠薬強盗事件被害が多発しています。その手口,被害例と注意すべき点等をお伝えします。 フィリピンで発生する犯罪のほとんどは,グループによるものとみられており,あらかじめターゲットを絞った上で犯行に及んでいることが多いと考えられます。 買春絡みの恐喝「美人局(つつもたせ)」喫煙
セブ島

セブ島治安2019(7月8月9月)日本人被害例

銃器を使用した殺人・薬物売買等事件,強盗(路上強盗・睡眠薬強盗)及び性犯罪の発生件数は極めて高い。マニラ首都圏においては,スリ・置き引き・車上狙い等の窃盗,睡眠薬強盗及び美人局の恐喝等の犯罪被害が頻発しており,被害者は観光等短期滞在者が多い。犯罪被害の未然防止には日本人は犯罪の標的として狙われやすいとの危機意識を持つ
マクタン島

セブ島治安2019(4月5月6月)日本人被害例

語学留学等でセブに短期滞在中の邦人に関して,関係者より「本人としばらく連絡がつかず,心配している。」との相談が,在セブ領事事務所に対して寄せられることがある。短期滞在中は,安否を案じている家族等がいることを心の片隅に留め,日程・滞在先の情報を関係者に共有する,海外で利用できる携帯電話を持つ等し,安否を確認する手段を確保
セブ島

セブ島治安2019(1月2月3月)日本人被害例

セブ州の犯罪統計 2019年(1月~3月) 前期比3.9%増、前年同期比約34%増。殺人(含む未遂)101件(うちセブ都市圏(セブ,マンダウェイ,ラプラプの3市)で48件)傷害519件(都市圏227件)、強姦123件(うちセブ都市圏の3市で33件)、強盗319件(都市圏133件)、窃盗936件(都市圏530件)
セブ島

ラマダン月に伴う注意喚起2019外務省

●5月6日(月)頃から6月7日(金)頃は,イスラム教のラマダン月及びラマダン明けの祭り(イード)に当たります(5月6日(月)はゴールデンウイークの最終日に当たります)。 ●近年,ラマダン月及びその前後に世界中で多くのテロ事件が発生しています。 外務省領事サービスセンター(海外安全相談班)
セブ島

ゴールデンウィークの海外安全対策2019外務省

●テロ等への注意 観光名所やイベント会場等がテロの標的になる可能性があります。特に,5月6日頃から始まるイスラム教のラマダン月とその前後は,特に注意が必要です。 ●犯罪対策 強盗等にあったら,絶対に抵抗しないでください。違法薬物に関わると,外国人でも死刑等の重刑が科される場合があります。 外務省領事サービスセンター
セブ島治安

セブ島マクタン島、現在12月の治安が悪い訳とは

12月はお金がいくらあっても足りない・・・もともと足りない人が借金してでも、クリスマスを祝うシーズンなので、裏を返せば、犯罪が増え治安が悪くなり気をつけなくてはならない。旅行者が強盗に遭う確立は低いが、留学生は暗闇を歩いて痛い目みてる。また人込みが増えるショッピングモール内で、スリや置き引きご注意!1月の祭りまで各地のスリが出張にきている
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました